菊池まどかのイメージ写真

プロフィール

5月17日大阪市生れ

幼少から浪曲・民謡を歌い始める

2001年

正式に成世昌平の甲会に入門し名取となる(2009年:師範となる)

2003年

二代目京山小圓嬢に入門

2005年

2月 浪曲師として初舞台

2006年

4月 小泉首相主催「観桜会」に招待される

11月 大阪芸術大学で講師として浪曲を特別授業する

JAL名人会に出演し、国内線・国際線の機内で上演される

2007年

10月 京セラドームのオリックス対西武戦の始球式で浪曲師として初の「君が代」独唱

2008年

11月 「中之島国際音楽祭」にピアノと三味線で浪曲「嫁ぐ日」を洋装で演じる

2010年

6月 ワッハ上方で「林家染丸・菊地まどか二人会」を開催

7月 上海万博に出演

8月 ロサンゼルスの日米劇場に出演

2011年

7月 大阪の新歌舞伎座に芝居で出演

2013年

11月 築地本願寺で「浪曲師・菊地まどかの会」を開催

2017年

10月 国立文楽劇場で「浪曲生活15周年記念公演」を開催
10月 稲むらの火の館(和歌山県広川町)で防災浪曲「稲むらの火」初披露
11月 津波・高潮ステーション(大阪市)で「稲むらの火」披露

2018年

2月 「第3回全国被災地語り部シンポジウムin東北2018」で「稲むらの火」披露
3月 南三陸ホテル観洋(宮城県南三陸町)で「稲むらの火」披露

プロフィール

2002年

「サンザワールド民謡大会(富山テレビ)」優勝

「西近畿民謡連合大会」優勝

「和歌山県知事賞」

2004年

「産経民謡大賞」優秀賞

2006年

「第60回 文化庁芸術祭」新人賞

「大阪舞台芸術賞」新人賞

2007年

「咲くやこの花賞」(大阪市)

2008年

「第34回放送文化基金賞・ラジオ番組賞」

(ラジオ大阪『浪曲「あぁ吉岡先生」と大阪防災元年』)

2009年

「大阪文化祭賞」奨励賞

2010年

「第52回 日本レコード大賞」新人賞

「第43回 日本作詞大賞」入賞

2011年

「平成22年度 花形演芸大賞」銀賞

「平成23年度 日本作曲家協会音楽祭」奨励賞

2012年

「平成23年度 花形演芸大賞」金賞

2018年

「平成29年度 花形演芸大賞」金賞

プロフィール

NHK

「東西浪曲特選」「上方浪曲特選」「浪曲十八番」「バラエティ生活笑百科」

「歌謡コンサート」「BS日本のうた」「わが心の大阪メロディー」他

YTV

「笑点」「情報ライブ ミヤネ屋」他

KTV

「ニュースアンカー」他

OBC

「浪曲吉岡先生と大阪防災元年」他

プロフィール

国立演芸場、国立文楽劇場、天満天神繁昌亭、山本能楽堂、横浜にぎわい座、

一心寺南会所 他

プロフィール

シングル/

「浪花女のげんき節」(テイチク)

「人恋さんさ」(テイチク)

「菜の花列車」(テイチク)

「ふたりの絆酒」(テイチク)

「海山千里の道を行く」(テイチク)

「夫婦鶴」(テイチク)

「ふるさと海峡」(テイチク)

「浮草ふたり」(テイチク)

デュエット/

「屋形船」(テイチク) *増井山太志郎*

アルバム/

「菊地まどかシングルベスト集」(テイチク)

歌謡浪曲/

長編歌謡浪曲「嫁ぐ日」(テイチク)

長編歌謡浪曲「孫はかすがい」(テイチク)

浪  曲/

浪曲「嫁ぐ日」「赤垣源蔵~名残の徳利」(テイチク)

浪曲「阿波の踊り子」「吉岡先生教壇に生く」(テイチク)

浪曲「村松三太夫」(テイチク)

お仕事のご依頼はこちら